4ブランド合同ゲーム 年末年始キャンペーン

20%還元キャンペーン

黒ギャルビッチ化計画っ! 〜引き篭もり妹を淫乱更生〜

「え……? う、嘘でしょ……? お兄ちゃんは、私と離れ離れになっちゃうってこと? 私、お兄ちゃんがいないと怖くて部屋からも出られないのに……っ」妹の‘‘芽衣’’は、お家大好きっ娘。聞えは良いが言ってしまえば‘‘ただの引き篭もり‘‘。切欠があったとは言え‘‘芽衣’’は今では、親でさえ拒絶し、俺としか顔を合わせようとしない。完全に俺に‘‘依存した状態’’だ。そろそろ俺から卒業……本音、俺は……芽衣から解き放たれたい。しかし、芽衣は、そのつもりもなく、両親に至っては世話役である俺を、何としてでも失いたくないと考えているらしい。そんなある日『元・地味っ娘が‘‘彼氏の影響’’で黒ギャルになって自分を変えた』という話題を知る。「そうか、その手があったんだ……!」俺はいてもたってもいられず、自室を飛び出していた。目指すはもちろん、芽衣の部屋である。 ▼もっとみる
20%還元キャンペーン

オークだって恋がしたい! 〜女騎士さんと巣作りダンジョン〜

「……ナンダ?……何ヲシテイルンダ……?」雄と雌のヒトの冒険者が、まさに交尾の真っ最中だったのだ。ダンジョン内で交尾をするヒトなどこれまで見たことがなかった。ボク達のように、雄が我慢できなくなって襲ったのだろうか。だが、それにしては雌の様子がおかしい。「あっ、気持ちいいっ! 好きっ、好き好き大好き〜っ!」交尾の最中だというのに、全く泣き叫んでいなかった。それどころか雄の欲望を逆撫でする、甘い鳴き声で……。「メスガ、悦ンデイル……?」その光景は、あまりに衝撃だった。「良イ……ヒトノ、メス……悦バセタイ」ボクはヒトの抱き合う姿に目を奪われ、その求愛行動を観察し続けた。あんな風にイチャイチャとした交尾がしてみたい。あんな交尾が出来たら、きっと最高に違いない。こうしてオークであるボクは、雌とのイチャラブ交尾に、憧れを抱くようになったのだった。そして後日……「くっ……何よ、こんな首輪つけて……っ! 乱暴しないとか言って、結局他のオークと一緒じゃない」ボクはヒトの雌を捕まえた。全ては、憧れのイチャイチャ交尾の為に。 ▼もっとみる
20%還元キャンペーン

可愛めMメイドさんのお仕事SMレッスン 〜ご一族に伝わる秘技を、…

「わたくし、木戸雪菜と申します。お館様……英二様のお父上、三島英一郎様のお屋敷で、メイドとしてお仕えしておりました」ある日、俺の住むオンボロアパートに不似合いなメイドが訪ねて来た。彼女曰く、父が亡くなった事とその遺産の相続権が俺にあると告げる。父は俺が赤ん坊の頃に浮気して、それが原因で離婚になったと聞いているし、そんな経緯だから父の写真などは見たことがない。俺にとっては、俺と母を捨てた男、というイメージがあって、会いたいとか父について調べたいとか思ったこともなかった。相続する気もなく「……とにかく、お断りします」と、告げる。すると彼女は、突然全裸になり、そして……「英二様、さあ、楽になさってくださいませ」それから、驚いて後ずさることもできなくなってる俺めがけて、古武道のような動きで優雅に跳ねたかと思うと、躍りかかってきたのである。 ▼もっとみる
20%還元キャンペーン

ママの妹の童貞教育 〜ひきこもった僕は外出せずに中出しする〜

ある日を境に引きこもりとなった僕。ありがたいことに、両親はあまりうるさく言ってこない。「孝太くーん。夕ご飯、できたわよ」声の主は――母ではない。母の妹の御手洗美紀さんだ。現在、両親は長期の旅行中である。両親の留守中に僕の世話をするという名目で、叔母さんが押しかけてきたのだ。もちろん、好き好んで叔母が来るわけもない。母が叔母を呼んだのだろう。(やっぱり……きれいだな……。色っぽいし……)僕は、この美人の叔母と二人きりで過ごすうち、欲望を我慢しきれなくなり、自慰行為に耽る……が、そこを見つかってしまう。「ああぁ……臭い……。栗の花の香りが充満しているわ」そして、二十代後半の美女は、意味ありげな含み笑いをし…… ▼もっとみる
20%還元キャンペーン

厨二病が催●術を使えたら 〜勘違い転校生のエッチな悪神召喚術〜

我が名はハイライト!悪神、アカマ・ナフラ様の忠臣にして最も信仰厚き幹部(になる予定)の大黒魔術師である!」突然のハイテンションな叫び声とともに、【佐藤高光】が転校してきた。「ここに清らかな巫女がいるはずだ」変なことを言い出した高光。ドン引きしつつも巫女について尋ねてみる。「清らかな巫女と言ったら、心が清らかで美しい処女の乙女と決まっているだろうが」すぐ頭に浮かんだ顔は、立花さんの顔だった。思わず立花さんの方を見てしまう。クラスのみんなも、俺と同じ方を見ていた。「え?やだ、みんな、どうして私のことを見るのよ」立花さんのことをジッと見つめる高光。その目は意外なほど真剣なものだった。「いいだろう。この者なら合格だ。我が魔眼を見よ!さあ、目を逸らさず我が目を見るのだ。そして我が支配下に入れ!」「えっ、なに!?身体が……動かない……」驚愕した表情を浮かべている立花さん。まさか本当に?こいつが何かしたのか? ▼もっとみる
20%還元キャンペーン

カメラをとめないで! 〜若妻の隠された欲望〜

いけない、駄目だと思ってても……手をとめられない……。夫のいない悲しみを、ひとりで慰めながら……。「あぁ……撮れてる……しっかりと、私のやらしい姿、スマホで……」カメラに撮られてるだけ。こんなにも興奮するなんて、自分でも未だに理解できない。同時に、誰かに見られているんじゃないか、という不安が混じって、興奮してしまう。……そんなある日「これは……あなたのかしら?」マンションの管理人‘‘上原夏蛍’’さんがそう言って訪れてきた。もしかして、中身、見たとか……ううん、そんなことないわ。だって、ロックもかかっているんだし……。「……拾ったときにね、ロックが外れてたの。……偶然だったの。別に探る気はなかったんだけど……」「色々あって……その、あの、えっと……できれば、他の人には……」「大丈夫よ、これをネタに揺するみたいなこと、全然考えてないわ。むしろ……私の目に狂いがなかったって、嬉しくなったの」嬉しくなるって……なんで、どうして?彼女は嬉しそうにほほ笑み「裏自治会……入ってみる気、ないかしら?。すぐに答えは出さなくていいわ。まずは体験だけでもしてみるのはどう?」そういうと、メモだけ残して、出て行っちゃったけど……これ、どうすればいいの?明らかに怪しい会だし、行くなんて、あり得ない……でも。 ▼もっとみる
20%還元キャンペーン

触手王子の種付け地獄 〜妊娠快楽人形〜

「ふむ……。事故もなく召喚できたようだな」床に描かれた魔法陣の中には、一人の女が横たわっている。それを王子へしなだれかかって身体をすりつけながら、興味深そうに眺めているのは‘‘モモカ’’。ニョルヒム一世が調教し、王子に下げ渡された女。モモカは、すっかりこちらに馴染んでおりもはや人間界に戻る事は望んでいない。召喚された女は‘‘鈴蘭’’。‘‘触手王子ニョルヒム二世’’跡継ぎを作るために召喚された。この世界に呼ばれたばかりの彼女は、夢かうつつかを判じかねながらも‘‘世継ぎを産めば、元の世界へ帰してやろう’’と言う王子の言葉を信じ必死に王子の世話をすることになる。果たして鈴蘭は、元の世界に戻れるのか……それても快楽の虜になって果てしなく堕ちるていくのか…… ▼もっとみる
20%還元キャンペーン

【FANZA GAMES限定特典付き】乙女の狂恋 〜悶え堕ちゆく…

FANZA GAMES限定!録りおろしボイス付き!!これは、愛したクズ男に依存しどんどん狂っていく彼女の物語……‘‘花巻雫’’彼女は、クラス内でも目立たず、野暮ったくどんくさく、クラスメイトたちからも馬鹿にされがちな地味。出来るだけ他人を避けるようにおどおどと学園生活を送ってた。そんなある日クラスの人気者‘‘山江イサム’’は、からかい半分で雫をデートに誘い、そして……異性慣れしていない彼女をまんまとホテルに連れ込み処女を奪う。イサムは何度か遊んでいつもどおりテキトーに関係を解消と考えていたが捨てられたくない雫は彼の性欲の赴くままに献身的にその身を捧げてていく。初めのうちはちょうど良い性のはけ口ができたと弄んでいたイサム。だが何度も身体を合わせるうちに雫の狂気を孕んだ‘‘熱愛’’と‘‘狂気’’に呑み込まれ…… ▼もっとみる
20%還元キャンペーン

夫より逞しいモノで突かれたら… 〜娘が連れてきた外国彼氏は母の私…

2年前に留学した娘‘‘八弥’’が帰国した。黒人の彼氏‘‘ドレイク・リチャーズ’’を連れて。(久しぶりに帰ってきたのは彼氏の紹介か。歓迎してあげなくちゃ)だが、知ってしまう驚くべき真実!『娘は……デキ婚の挨拶のために帰って来たのだった』お嬢様気質ゆえデキ婚には眉間が歪む‘‘希乃子’’。(……愛する人との将来を思うならまずは結婚を、じゃないの?本当にいい彼氏なのか調べなくちゃ)そして――彼氏は友人らしき外人グループとナンパに勤しんでる所を目撃する。翌日もそのまた次の日も……。(今すぐ娘に彼氏の悪事を報せなくちゃ!)そしてナンパの件を引き合いに出し彼の本性を暴いてやろうとするが…… ▼もっとみる
20%還元キャンペーン

美魔女の誘惑 〜還暦美人ママの若さの秘密〜

「すみません、貴方は……吉瀬さんの旦那様?」「あっ……は、はい!」愛妻家の准でも胸を打たれる美しさ……彼女は‘‘峰藤冬羽花’’。地元で有名な美魔女――。妻‘‘庵菜’’の代理で学園役員となった‘‘吉瀬准’’は、彼女の美しさに目を奪われる。そんなある日――役員会議に向かう道中、突如の土砂降りにあう。びしょ濡れになりながらなんとか校舎に辿り着いたが……『今日の役員会議は先生方の都合上中止になりました』と、非情な連絡が届く。「こりゃあ帰れないぞ。それに……もうちょっと早く言ってくれないかなぁ……」そんな時だった。「やだやだやだっ、大変だわ……」この土砂降りの中姿を現す‘‘冬羽花’’。そして、奇しくもびしょ濡れのまま彼女と役員室で二人きりになる事になり…… ▼もっとみる
タイトルとURLをコピーしました